You are here

バイクの防犯に役立つ鍵の種類とは

家のドアや金庫、外に出かける時にはバイクや自動車等、大切な物を守るためには鍵をかけるということが大切なことになってきます。これらの鍵は種類または形状によってそのロックする強度が変わってくるので、鍵をかけたいアイテムが大事な物であればある程、より高品質な鍵を選んでいく必要があるでしょう。どのような鍵が質が高くてロックが強固な物かということが分からないときは、鍵を破る犯罪者がどのような手口を使うのかを把握しておくことで対応策が立てやすくなり、鍵を選ぶ際の評価の基準になります。

ドアなどにかけている鍵を突破する方法として一般的なのが、鍵穴に特殊な工具を挿し込んで鍵を開ける、「ピッキング」と言われている手法です。これに対しては鍵それ自体を増やしてピッキングだけでは対応出来なくするということが有効ですが、物理的に鍵を増やしにくい時には、シリンダーを増強してピッキングに強いと謳っているような鍵を取り付けるのが好ましいでしょう。
もう一つドアなどの鍵で利用されやすい手法として、「サムターン回し」というものもあります。これはドアの受け手面にある、手を捻って鍵が空けられるサムターンという部分を悪用するために郵便受け等の間などから操作して鍵を開けるという手法ですが、これをやられてしまうと鍵穴の場所がどれだけ強固な造りになっていても突破されてしまうので、サムターン事体に外部から操作出来なくするような対処を取る必要があります。
最近の性能が高い鍵だとこの手法にもキチンと対処されている物も多いのですが、性能の高い鍵などの対策されていない鍵を使っていない場合にはサムターンに保護カバーを取り付ける等の方法で回避することが出来ます。このように自分の鍵がどんなロック機能をもっているのか知っておくことが、現代の空き巣や盗難の犯罪に対してどれだけ有効で、これからどのような対策をとれば良いのかという指針になるでしょう。

Top