You are here

鍵をなくしたときに開錠するには・・・

鍵に関する厄介ごとの1つで、いちばん多いのは開錠でしょう。金庫の鍵を開けようとしたら暗証番号を忘れてしまったとか、故人の遺品の中に金庫を発見したのだけれど、鍵の開け方がどうにもこうにも分からない事も多数あります。

また玄関の鍵を無くしてしまって、マイホームに入れずに困っているという事もあるでしょう。家に入れないというのは、とてつもなく困ります。そこでその様な事態になってしまった時は、多くの人が鍵を解錠して貰うのに、鍵の専門業者に依頼をします。
さすがはプロだけあって、現場につくといとも簡単に鍵を開けてくれるのです。業者を呼ぶ前に何割かの人は、針金やヘアピンなどとつかって鍵を自力で開けられないかと、いろいろやってみます。

しかしこれは、鍵穴をむしろ破壊してしまうので、あまり奨励できません。何故ならこのような事が、まず業者が来て鍵を開けようとする際に、余分な手間となる可能性が非常に高くなるからです。過剰に悪化してしまった鍵穴に、業者も手を煩わしてしまうというより酷い事態に陥ってしまうと、時間も倍以上経過してしまうでしょう。
だから、自分で鍵穴に無理矢理手を加える様な事は控えることが最善でしょう。

玄関の鍵のトラブルに次いで、自宅で発生しやすいトラブルはお風呂の鍵が開かないという事例です。家族で暮らしていますと、風呂場の鍵を閉めて入浴するという方が多いでしょう。しかし、いざ風呂場からでようとした所鍵が開かないのです。全裸状態なので、多くの人が焦るでしょう。
この時、どこか別の部屋にでも誰か居てくれればヘルプを呼ぶ事も出来ますが、自分だけの時にバスルームで閉じこめられてしまっては、為すすべもありません。ドアを開けようと体当たりを試してみる人も多いでしょう。体当たりで開いてくれたらラッキーですが、開くことがない場合は、風呂の熱による体力消耗によって危険な事態に陥りかねません。築年数がかなり経過しているのだったら、一回は鍵の状態を確認しておくことも大切でしょう。

Top