You are here

開業資金を抑えてリスクを下げるには

開業資金はどれくらいかかるのでしょう。これまでサラリーマンだった人が脱サラし起業するという場合、開業の資金が必要になります。業種によっても開業に必要な資金はいろいろですけど、たとえば飲食店を開業する状況では、最低でも2000万円くらいの資金が重要になります。かなり人が半分くらいは自己資金、あと半分は銀行や政策金融公庫などから借金をして開業をするそうです。

しかし開業にはリスクもつきものです。

今までは会社勤めをしていた人が社長になるので、人を雇う必要がありますし、仕入れや、店舗を借りたりはじめて経験することで戸惑いうまく出来ないという人もたくさん存在します。また売り上げもなかなか上がらず困っている人も結構多くいます。というよりもそういう人が大半です。ビジネスがうまくいかなくなると閉店して借り入れだけが残るという人も割と数多くいるので、かなり不確実性が高いと考えるのが本当のところです。

そんな中、比較的低いリスクで開始できるのがネットでの通販です。

インターネット通販というと一部では出店手数料は無料ですので余程の売り上げが見込めます。またこうしたネット通販の場合、プラットフォームがあるのでコンピューターの知識がそんなになくても開始できるのが特徴です。オフィスはどこかを借りる必要もなく自宅で行えるので開業に必要な資金はとても低く抑えられます。必要なのは仕入れのための資金くらいでそれほど必要なわけではありませんので、借金をすることもないと思います。

こういったネット通販を始める場合一番問題になるのが何の商品を扱うかが問題になります。こういう場合やはり自分が好きなジャンルの商品を扱うのがオススメですよね。たとえば釣りが好きな人なら釣り道具を扱ったりできます。フライフィッシングが好きな人は自分で制作したりしますので、こういうものを自分で作って出品して好評になればどんどん儲かっていきます。

Leave a Reply

Top