You are here

小学生への教育は大切なのでもっと重きを置く必要があります

小学生は物事を吸収する力を持っています。小学生の時に受ける教育は、とても大きな影響力があります。小学生は、まだまだ感受性が豊かなので、その時にどんな教育を受けるかにより、大げさではなく人生が変わってしまいます。そう結論付ける理由の1つに、小学生が勉強の基礎を学ぶからということが挙げられます。中高生や大学生になったとしても勉強をする時、その基礎ができていなければ、学力を上げることは不可能です。

即ち、小学生の時にどんな教育を受けるかによって、その後の学力にとても大きな影響があります。さらに、小学生の教育が上手くいかないと、そのまま勉強嫌いになってしまう事があります。勉強だけに限ったことではないですが、何でも第一印象はとても重要で、そこで勉強が面白くないという印象を持ってしまうと、その先も勉強から遠のいてしまうかもしれないのです。そう考えると、小学生の時に出会う教師というのは、とても大事です。そして先生が如何に教育を行うかにより、人間性が決まってくる可能性があり、指導でミスを犯してしまわなければ、きちんとした心の強い成人になることができます。

加えて、それはテストや試験向けの勉強だけではなく、情操教育や体力作りの教育等々についても、まったく同様のことがいえます。中でも情操教育は、感受性が豊かな小学生の時代に、どんな教育を受けるかが非常に大事です。そこでちゃんと、その力を育んでおけば、そこからの人生で選択肢の数が増えていきます。そして、体力作りにおいては一層重要です。

現代は運動することが難しくなっている時代ですから、小学生の内から、きちんと基礎体力を身につける教育を受けておかないと、体が頑丈ではなくなってしまいます。教育というとテストや試験向けの勉強ばかりがいろいろ取り上げられていますが、本当は、それと同等の体力作りの教育も大切です。小学校は6年間の義務教育ですが、そこでどんな教育を受けるかは、かなり重要です。なので、これから日本はもっと、小学生の教育に集中した方が良いです。

Leave a Reply

Top