You are here

速読法という教育におけるメリットについて

興味深い読書方法の中で、最近、ポピュラーな教育法の中に速読法と呼ばれるものがあります。速読法を説明しますと、全国で1800以上の学習塾や教室の他公立、私立学校にまで取りいれられている教育法になっています。速読法は、俗に言われている飛ばし読みや斜め読みなどとは違い、内容を十分に把握して読むうえで、その読む速度のみを早くした技能になっています。ですから、速読法で読んでも十分に理解して読む事が可能なのです。

その上で、偏差値と速読ができる人とは比例すると言われており、速読法を習得すれば偏差値をアップさせる事も可能だとも言われているのです。

また、そんな速読法は脳教育とも言われており、速読法を行う事で脳が活性化され、記憶力と集中力なども向上させることが出来ます。さらに、速読法をこなすことで、問題を読む時間を短縮させる事が出来る事から、余剰時間で見直しなども行う事が可能になってくるのです。その事で、実質、点数をアップさせる事ができるわけなのです。

そんな速読法ですが、一部の人しか習得する事ができないと思っている人も、多くいらっしゃると思います。

でも、それは大きな勘違いで、速読法とは、正確な教育を受ける事で、どんな人でも習得する事の出来るものになっているのです。速読法をできるようにするためには、脳に備わっている可塑性と汎化作用を利用したトレーニングをやります。

可塑性とは脳が速さに慣れる事を指し、汎化作用とは1つの能力をアップさせる事で、その他の能力も向上させる事ができると言うもので、この双方を鍛える事で速読法を獲得する事ができると言われているのです。

このように、速読法とは、文章を早く読む事ができるようになるのに加えて、学習効率を上げるという面においても、様々なメリットを発揮する事ができる、と言う事が言えるのです。速読法を培う事で、問題文を早く読む事が出来るだけではなく、相乗効果のおかげで、他の脳も鍛えられ、それにより、偏差値アップと言った結果を残す事も可能なのです。

 

速読法は幼いことから習得しておいた方が良いものでしょう。速読をすることによって、文章を早く読んだり、学習能力アップに繋げることも可能です。幼いころから訓練をしておくことによって、問題分を早く読むこともでき、テストなどで時間を短縮させることができますし、脳も鍛えることが可能なのです。将来有望な子供に育てたいのであればトレーニングを重ねるようにしましょう。

 

Top