You are here

物を貸し出すサービス形態

身近で良く利用しているレンタルサービスというと、何を想像するでしょうか。現在の日本においては、CDやDVD、またはレンタカーというところが一般的でしょうか。しかし、これ以外にも、レンタル品は、かなり多く存在します。

そして、レンタルと商業形態は同じではないですが、リースというサービスもあります。ちなみに、レンタルとリースの差を、はっきりお分かりでしょうか。リースに関しては、購入と異なり、リース期間を定めて契約します。

いわば、割賦で買ったのと同じことになります。固定資産に含まれないので、企業でサービスを利用する時には、非常に経費面が有利になります。しかし、この定められたリース期間が終わってしまえば、一定の金額で買い取ることになります。この買取期間に至るまでは資産とならず、税金もかかりません。レンタルサービスは、リースとは違って、短期的に借りる事になります。

簡単に言うと、DVDやCDを3日間借りるというサービスを指すわけです。

では、このレンタルに関して少し詳しく触れます。レンタル業には、個人向けのものと企業向けのものがあります。個人向けのレンタル業は、前述のCDやDVDに加え、レンタカーそして家電や家具、一度しか使わない衣裳や道具、高価でスペシャルな機材、マッサージチェアなどもあります。逆に企業向けレンタル業は、飲食店向けにおしぼりの貸しサービスなどもあり、25回程の再利用が前提とされています。

また、企業の展示会やプレゼン用の映像機器や音響機器、照明機器も用意されています。また、近年では、ロボットの法人向けレンタル市場も大きくなっています。現状、国内の企業向けレンタルマーケットについては、建設機械レンタルが5割から6割です。

こうして、代金と引き換えに商品を一定期間貸し出すことをレンタルと呼び、別名は賃貸ともいえます。個人向けが一般的でありつつも、レンタルサービスには、企業向けもリースと同様、ポピュラーな商業形態になりつつあります。

Leave a Reply

Top