You are here

物を貸し出すサービス形態

我々にとって当たり前にある音楽ですがカセットテープの時代から、MDの時代へ移り、CDの時代になり、音楽市場は、爆発的に成長しました。今もCD販売やレンタルにおいては、人気があり、街中のいたるところにレンタルショップがあります。また、誰もが一度は、レンタルのショップを利用して、CDやDVDなどを貸し出しした経験があることと思います。基本的にCDをレンタルするためなどには、レンタルショップの店舗に行く必要がありますが、最近は少し異なるスタイルもあります。

まずお店に行って、CDやDVDを借りる方法の他に、近頃はネットレンタルという方法があります。

レンタルするという意味は同じですが、店頭に行かなくてもネットでサイトにいき、ネット上でレンタルしたい商品を選びます。探したら後日郵送でCDやDVDが届き、レンタルできます。返却も店舗に持っていく必要はなく、近くのポストに投函するだけで返却完了です。とても便利かつ簡単な方法なので、ショップに行ってレンタルする暇がない人や、じっくり借りたい商品を選びたい人には、人気があります。

またレンタル以外の方法として、音楽であれば、最近はネットを使ってダウンロードして購入する方法があります。今までは、CDを購入したり、レンタルして音楽を聞いたりしていましたが、現在は、ネットからダウンロードする方法があります。もちろん有料になっていますが、CDを使わないで音楽を自分の物にできて、ダウンロード方法もすごく簡単です。ダウンロードは、ネットなどに接続できる環境があればできるので、店に行かなくても自宅でも外出先でも、ネットの環境があるところで使用できます。

ダウンロードの魅力的なところとしては、CDなどの媒介体がなくても音楽を聞くことができるので、シンプルです。またダウンロードも料金の支払いも全てネット上で行う事が可能なので、面倒なことはありません。ダウンロード方法を使う人が増えたことによって、CDの売り上げやレンタル数は、少なくなりました。ところが、様々な方法で音楽を楽しむことによって、利用者の幅が広がる良い点があります。

Leave a Reply

Top