You are here

カーシェア?レンタカー?|車は借りる時代


カーシェアリングとレンタカーの違い

カーシェアリングとレンタカーのどこが異なるのかと言うとカーシェアリングの場合は利用の際会員登録の必要がありますが、これがレンタカーの場合は会員登録をする必要はないのです。加えて、カーシェアリングは15分という単位から24時間使用可能です。レンタカーは受付が空いている時間内に、利用登録が必要となりますのでその部分はカーシェアリングのほうが便利なのです。更に、レンタカーは使った後燃料を満タンにしておくのに対し、カーシェアリングの場合はガソリンを入れず返せるといいます。一昔前なら自家用車を運転することが一種のステイタスだったものですが、近年は30代の車を持つ人の割合がすごく低くなっていると噂です。

情勢の低迷で給与も減額して、又会社の正社員として就職のできる10代の人数も減ってしまいました。若い人はしきりに支出を控え、食事に対しこだわりや価値観も変わりました。自動車メーカーや自動車学校では、若者の車からの離脱を解消する為、色んな方法で減りゆく若い人の確保に躍起になっています。暮らしの中で自動車の必要性とは、どんな所にあるというのでしょう。

毎日のお買いものや仕事、それ以外に近年は超高齢化社会により介護用の車を見る事もありますね。デイサービスは、それぞれの家へ迎えに行き利用者を乗せて施設へ送り届けるのです。帰りも送っていく必要性があり、車が絶対に必要です。その上、幼稚園が遠くにある場合や幼稚園バスがないと送迎の為の車は必要不可欠です。

Leave a Reply

Top