You are here

幼児教室のサポートと内容|幼児教室を選ぶコツ

幼児教室の高額な費用とその他の教育費

首都圏では、小学校から受験をする家庭の数は増えています。受験のためには必要不可欠の幼児教室。そこで気になってくるのが幼児教室に必要な費用です。一般的に言われることによると受験塾は、年齢が低ければ低いほど金額は高くなる傾向があるため、幼児教室であればそれなりの費用を覚悟しておかなければなりません。

クラス別の幼児教室に行くための、必要な金額を出してみました。都内の幼児教室の平均的な額です。まず年少クラスの場合、入会金がおよそ30,000円~40,000円程度。

そこに毎月の授業料等が加わります。この授業料は教室によっても様々です。1回辺り7,000円前後の教室もあれば、10,000円を超えるところもあります。また1回の授業辺りの時間もそれぞれです。おおよそで5,000~10,000円程度が相場だと言えそうです。週に1回程度授業を受けたと考えますと、入会金と合わせて1年間でだいたい270,000円~520,000円程度になります。

年中クラスの場合では、入会金がおおむね30,000円~50,000円程度。授業料として一回あたり7,000円~12,000円ほど。年少クラスと同様に料金を計算すると、週1回の授業を1年間続けた場合、366,000円~626,000円ほどとなります。年長クラスの場合、入会金は30,000円~50,000円ほど。授業料が1回あたり10,000円~25,000円程度です。週1回の授業に1年間通ったとすると、およそ510,000円~1,250,000円程度です。

実際はこの通常の授業に加えて、特別講習も付け加えられるため、それらに別料金が設けられている場合は、さらに費用は高くなります。また、教室を1つだけではなく掛け持ちをする人もいることを考えると、幼児教室に費やすお金はもっともっと高額になると言えるでしょう。スポーツ教室など他のタイプのお稽古場にも通う場合もあり、子どもの教育にかかるお金はとどまるところを知りません。

子どもの教育にかかるお金はすごい金額になります。

子どもの幼児期は、目覚しく発達していく時期であると共に、親にとっては貯蓄が期待できる最後の機会。家庭の財政事情と相談しながら、子供の勉強のサポートをしていきたいものです。

Leave a Reply

Top