You are here

賃貸契約と売る時を比べる|堅実に物件を見つけよう


敷金礼金の持つ意味とは?

部屋の購入と賃貸を比較すると、まず払うお金が高額な分損をすると思いますが、ずっと住むなら意外と金額の差はあまりないのですが、ローンの支払いが終われば出費が減るので購入が得とも言えます。そのため長く住むなら購入がお勧めです。しかし転勤の予定があるなら借りる方が便利です。またお金の他に比較する点はいくつかあります。まずはは天災の多い土地ではないかという点です。購入した時はすぐ引っ越しできないので前もってどんな土地か知ることがとても重要です。

そして家の周囲の環境で借りるか買うか決めることも重要です。

いい部屋が見つかれば実際訪問しますが、その場所でみたいことが何点かあります。それは物件の広さの確認です。サイトでは広そうにみえたけれど室内では狭く感じるばしょもあります。またきれいな所だと思ったら実際は室内の傷が目立ったということもよくあります。見たいのはまだあります。

物件までの道中にどんな建物があるか見ておき買い出しができるか確かめておくと後で不自由な思いをせずにすみます。他にも人の行き来が多い方がいいのでそちらもみてみるといいでしょう。周りのお店は買い物できる店だけではなく騒音が激しいパチンコ店がないかもみましょう。

賃貸住宅を借りる時に必要となるのが敷金礼金だと言えるでしょう。ここでは、敷金礼金の持つ役割に関して書いてみます。敷金は、仮に物件の家賃を貯めたまま、消息がわからなくなった場合などに未払い分の補完として用いられます。

家賃を望むことができなくなった時の保険代わりと思われます。退去時の際には、敷金から修繕代などを引いた金額が返金されます。一方、礼金は賃貸物件の持ち主へのお礼と言えます。実際のところ、住宅の家主から仲介してくれた不動産会社への手数料代わりに用いられることが多いようです。礼金は、お礼という意義を担うため、敷金と相違し、退去の際に戻されることは皆無です。

Leave a Reply

Top