You are here

様々な印刷方法|印刷を頼もう


印刷方式は数種類の中から目的や用途に合わせて選択すべきです

印刷を行う際の基本的な事としては1つ目はゴムのスタンプでみられる方式です。消しゴムを彫刻してハンコを作成した経験がある人もたくさんいると思いますが、手軽な印刷のやり方です。色は黒色を使うことが多いですが、赤色や青色のインクを使う場合もあります。印刷の元になる版は樹脂で作成することが多いです。表面に凹凸をつけて凸の部分にインクを載せて、ペーパー圧着します。インクの部分だけ文字が出てくる仕掛けになっています。

2つ目はゴムのスタンプそっくりですが、凸の部分ではなく凹の部分に内側にインクを付ける方式です。版は金属が用いられることが多いです。この方式の特徴はインクをのせずとも凹のところを押し付けることにより輪郭を浮き上がらせることができるところです。凸の部分は加熱して圧力をかけることが必要になります。

3つ目では合成繊維製のメッシュにインクを塗布する方式です。年賀状でしばしば使われる方式です。

メッシュを細かくすれば鮮明度が高い印刷が可能となります。そしてインクが盛り上がるので、インクを厚くできます。そのため色のついた用紙に印刷してもインクの色が濃いため、くっきりした印刷が可能となります。

4つ目はカタログや色のついた広告などにメインで使われる方式です。4色用いることができるので、写真と同様の画像を印刷することができます。しかしインクの厚さが薄いので、色の付いた紙に印刷すると地色が透けて見えるケースもあるので注意が必要です。

プリントの方式は回転するロールの上にインクを最初に載せます。次には用紙を押し付け、インクを転写します。カラーにて印刷したいときは、それぞれの色インクの数だけ版が必要となります。この印刷は今まで紹介した方式と異なり、大量に印刷するのに向いています。ある程度の数量でコストが安くなるので、最近は多くの印刷で採用されています。プリントの方法は目的や用途に合わせて選択することが大切なので、それぞれの特徴をよく把握しておくことをお勧めします。

Leave a Reply

Top