You are here

印刷するときの注意点|印刷を頼もう

注意点を守って仕上がりよく印刷しましょう

何事にも決まりがあるように、印刷時には、いくつか注意点があります。適当に紙を選んで印刷をすればいいということではなく、対応している用紙を確認しなければなりません。プリンタによっては対応していないところもありますので、一致している印刷用紙を活用しなければなりません。その上印刷する向きが間違っていると、印刷されない用紙もあります。用紙の方向を正しくセットし、入れる前に確認をすることが大切です。

次いでインクについての注意点ですが、インクが不足していると印刷がストップしてしまうので、プリンタのインクが減っているようなら足してください。インクジェットであればカートリッジを入れ替えるだけで済むものの、事業で利用しているプリンタの場合、トナーが必要な場合があります。多くの場合は、トナーは交換するのが非常に大変ですし、また交換しても動かないことがあるので、色々調べてから交換を行ってください。

そして印刷をしている時に、明白にインクが薄くなっていたり、印刷面に白線が生じたりすることがあります。これらはプリンタが汚れており、ムラが出来ていることもあります。

これらのムラについてはクリーニングを施すことで、綺麗にすることができる折もあります。注意すべき点としては、クリーニングをしっかり行った後、1度プリンタのチェックを行ってください。試し刷りで印刷がしっかりできることを確認してから、もう一度印刷を再開することとなります。

これらの注意点をきっちり守らないと、印刷する時に問題が生じることも予想されます。

特にインクが足りない状態で印刷をすると、意外にも線が出来たり、変なムラが出来たり印刷が汚くなります。また互換インクやトナーを使用の場合、もしかしたらプリンタに合わないまま印刷されてしまい、変ににじんできてしまうこともあります。変だと思ったらすぐに点検してください。そのまま使うと壊れる原因や修理不可能になってしまうこともありますのでご注意ください。

Leave a Reply

Top