You are here

スポーツで走るのはトレーニングの基本

トレーニングのために走るっていうのはどんなスポーツでもいいみたいですね。筋トレさえやればオーケーだという見方も聞きますが実際はどうなのでしょうか。走りこみは足腰の筋肉を全て使う運動ですし、全身の筋肉を使う運動でもあるそうですね。つまり脚や腰を鍛えるだけではなくて、循環器や心肺能力の働きも鍛えられます。そのため体力がつくのです。走り込みは体作りの基礎となりますし、怪我をしない体を作るのにも非常に重要だと言われていますので、なるべく続けましょう。

現在は少子高齢化の世の中となってきましたが、生きる糧を持ち自活して生活するためには健康でなければいけませんよね。病は運動不足により引き起こします。スポーツをして病気にならなくするのはいいことですが、高齢者がふいに運動するのはひっくり返るおそれもありますから大変危険でしょう。怪我をして起きれない状態になると困ってしまいます。だから、健康講座などの公的機関がやっている講座を受けてみて、年齢に見合った運動を楽しく続けていけたら良いですよね。

まだ小さい時からスポーツを行っている子供というものは体力がつくのはもちろんのこと、それ以外にも自主性や向上心が育っていくのではないでしょうかね。加えて、チームプレイのスポーツだったらば一致団結して何かを達成することの大切さや楽しみ、チームメイトを大切にする気持ちなどを感じられると思いますね。それから張り切っている子供たちの姿を目の当たりにすると、一家総出になって応援するから家族の団結も強力になるでしょうね。強い心と体を持つ人間として成長させるために子供たちにもスポーツは大事なのです。

Leave a Reply

Top