You are here

名水の地とご当地グルメをめぐる国内旅行

人間の体は約70%が水分で構成されているといわれます。ふだん何気なく水道の蛇口をひねり、飲んだり使ったりしている水ですが、生命の根源を支える大切なものであり、湧水や滝がある場所には水神様が祀られているところが多いのを見ると、昔から人は水が湧き出る場所が持つ神秘的なパワーを知っていたのではないかと想像できます。最近は国内旅行の立ち寄りスポットとなることが増えてきました。水質が良く豊富な水量を保ち、地元の人々から大切に扱われている湧水、川水、地下水を名水と呼びます。

日本全国には湧水が出る地が点在し「日本の名水百選」というリストがあります。自治体が音頭を取りご当地名物として積極的にアピールしていこうという動きも盛んになってきました。酒造り、米作りまたは茶の湯に適している上質な名水がたくさんあります。飲めば体に良いとご当地の人々の間で称賛されている水も少なくありません。ただし、国内旅行で訪れる方々が注意しなければならないのは、名水とよばれるものがすべて飲料水として適しているわけではないということです。

特に湧水は、地中に浸み込んだ雨水が時間をかけて濾過され地表に出てきたものであり、微生物や雑菌が含まれていることがあります。したがって、飲み水にするには加熱、消毒など適切な処理が必要な場合があり、飲む前に成分の表示を見るなどの配慮が必要です。名水を持つ地が観光スポットとして注目されています。湧水や滝が放つ神聖で清涼な雰囲気そのものを楽しんだり、美味しい水で作ったお酒や炭酸飲料、ビール、そば、とうふなどのご当地グルメを味わう国内旅行も人気です。

お醤油の風味がクセになる!大人気のせんべい

 

水にはこだわっていますか?日本は水道設備がととのっているので、蛇口から出る水は飲めるものですが、地域によっては臭くて飲めないところもあります。その場合は飲料水を購入したりウォーターサーバーを購入していることでしょう。水は人間を作るものです。料理にもみずは使いますし、必要不可欠なものだと思います。水道水は料理や飲み物によって体内に取り入れられているものです。

Leave a Reply

Top