You are here
Home > 就職

求人による年齢制限が平成19年より廃止になりました

新しく仕事を始めたいと思っていざ就職やアルバイトをしようと高い志を抱きながらハローワークや求人情報紙で仕事を見ていると、いっぺんに気持ちが落ち込んでしまうような記載を目にした事がある人は少なくないでしょう。例えば自分が得意としている業務内容や、時給や給料など条件の良い仕事を見つけた際に、応募資格の詳細に要自動車免許や年齢制限が設定されていると落胆します。自動車免許に関わることは今後免許の取得に挑めば解決できる項目になるのですが、年齢制限が設けられてしまっているとどうしようもありません。特に年配の方はこの年齢の制限に引っ掛かったという人も多く聞きます。

例を挙げると50歳未満や20代から30代歓迎などです。50歳未満のみを例にとってもきっちりと年齢制限をしていると諦めもつくのですが、後の20代から30代歓迎という表現は20代から30代は歓迎しますがそれ以上の年齢でも採用をしますというニュアンスにも聞こえてくるのです。このような曖昧な表現で応募を躊躇するという人も多かったのです。こういったような応募資格に対して年齢に関して言葉を濁して面接を受けに行ったという人もいましたが、このような振る舞いは不誠実に該当するので絶対にやってはいけません。
政府はこのような問題をクリアするために年齢制限に関して、平成19年に、募集する際に採る条件の年齢制限をしては不可という改正雇用対策法を施行しました。この雇用対策法の成立で応募資格の年齢を気にすることなく仕事を探し出すことができるようになったという訳です。

COBOL技術という財産を守り継承していきたい

その成果は私たちの生活の中でも感じとれます。
例えば今まで若いスタッフが担っていた職業に40代50代のスタッフが当たり前のように採用されていることです。年齢制限を廃止することで採用する側は即戦力となるキャリアある人材を受け入れることも可能となり、両者がウィンウィンの関係になることができたわけです。しかし年齢制限をどうしても設けなければならないという職業もあり、詳細は雇用対策法施行規則第1号の3第1項に載っています。

 

新しく仕事を始めるにも年齢を考えなければいけません。さまざまな業種には年齢制限が設けられています。

そうしたことを考え、転職するにはタイミングも必要となってくるのです。

転職を考えるのであれば20代のうちに考えた方が良いです。

若いうちは若いというだけでも武器になりますし、

頭の回転が良いという点でも若い人ほど積極的に採用する傾向にあります。

年齢制限は書面上設けられていなくとも実際は年齢を考慮する企業もありますので

転職を考えるのであれば早いうちが良いのです。

Top