You are here

求人の応募方法に迷ったら電話で問い合わせしましょう

自分の条件に合った求人を探し出して求人に応募する際の応募方法について、様々な方法をとっている企業も多く、悩んだことがある人も多いと思います。例えば、電話を利用した連絡の有無です。最近では、まず郵送で履歴書などを送付し、書類選考、面接と言った形をとる企業も増えてきています。そこで気になるのが、いきなり書類を送付すべきなのか、それとも、まずは電話をしておくべきなのかという事です。このような電話の事で迷った際は、募集要項に電話での対応は受付しないとはっきり書かれていなければ、電話をしてもよいでしょう。

ネット求人の応募について:キャリア・職場:発言小町:大手小町:YOMIURI ONLINE(読売新聞)

根本的には電話による連絡がいらない会社には、絶対に電話をかける必要はありません。ですので、気になるようなら電話しても良いという感じになってきます。電話したからと言って、好印象を与えるかはわかりませんが、実際、電話で相手側と話す事で、お互いに印象付ける事は出来ると思われます。また、その際、気になる点について質問する事も可能です。
とは言っても、大企業など募集の人数が多い企業においては、あまり長々電話で話すような事は、かえって迷惑になる事もある為注意が必要です。

このような場合とは反対に、電話での問い合わせが必ず必須になっている求人の応募方法の場合の電話の掛け方においては、前もって要点の整理をしてから電話をかける事をお勧めします。気になった求人の募集があったらすぐにでも応募方法を確認し電話をかけたい気持ちになると思いますが、ここは冷静になってから電話するようにしてください。要点がまとまってない電話は、相手に悪い印象を与えかねません。
そのような事にならないように、まずは、どんなこと聞きたいのかなどをメモに取り、そのメモを見ながら話を進めて行くようにします。

そのときのNGとしては、給与および待遇などについての質問は避けるようにします。このように、求人の応募方法において企業によって各種の指定があり、一概にどうするべきなのか決めにくいことが多くなっています。だからといっても、どのような応募方法においても、丁寧に行う事だけは覚えておかなければいけないと思います。

Top